×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

パピヨン 無駄吠え

噛み癖を直すためにはどうしたらいいか

犬の噛み癖は、どうにかしてやめさせたい行為だと思います。
遊びでやってるだけでも、痛いと思いますし、他人に危害を加える可能性もあるので、しつけをしっかり行いたい部分です。

私がやった方法は、噛んできたら、口の中に逆に手を突っ込みオエってなるほど突っ込むことです。
そうすることで犬は嫌がりますし、遊んでると思うこともなくなると思います。

何かを噛みたいという衝動はあるのでしょうが、噛んでいいものとダメなものがわかるようにしてあげるのが
しっかりとしたしつけだと思います。

小さい犬のうちからしっかりと噛んでダメだということをしつけるように心掛けてください。
噛んでいいゴングなどを与えると気を紛らわすことができるのでいいと思います。


拾い食いのしつけ

広い食いをしてしうまう犬のしつけについてです。
散歩中食べそうな物が落ちている場所は避けて通るようにします。
また拾い食いをしそうになったらリードを引っ張ったり「ダメ」と強い口調で叱ったりなどしてきちんとしつけるようにしましょう。
ここで注意しなくてはならないのは叱るときは1度ということです。同じことで何回もしからないようにしましょう。

それでもダメな場合は一度拾い食いをさせてみましょう。
とは言っても外にあるものは危険ですので、家からタバスコなど犬が嫌がるものを塗った食べ物を持ってきて
外に置き犬に拾い食いをさせてみます。そのときに置く食べ物は家では出さないものにしましょう。

見慣れている食べ物なら安心して食べてしまう可能性があります。
家から持ってきたものを犬が見ていないところで自然と置き、それを食べさせてみます。
そこで犬が嫌がって口から出してしまえばしめたものです。これを何回か繰り返して、
犬に外で何か拾って食べると嫌な事が起きると認識させるようにしましょう。

何事も根気が大切です。犬が危険な目に合わないようにがんばってしつけをするようにしましょう。

パピヨンの無駄吠えのしつけ方法メニュー

パピヨンの無駄吠えのしつけ方法リンク